2009年04月22日

様式論 プロローグ その1 #01

様式論0422c.jpg

イントロダクションイメージ

 今、何か力を入れている事はありますか?

 もし夢や目標が有るならば、
それに向かって自分の力を降り注いでいる事と思います。
又、全力ではないにしろ
持てる力を分配しているかもしれません。

 この何らかの物事に対して、
人々が入れている力というもの。
これが常に不変で一定ということはないと思います。
たとえ同じように一定の力を入れているつもりでも、
機械ではないので必ず少しずつ変わってしまう。
ましてや感情や気分を
全く同じ状態にしておくことが難しいのとつながっていて、
力も全く同じように出すことは難しいと考えられるのです。

 人間、ひとたび生を得て、胸の鼓動鳴る限り、
その力の強さも絶えずして、しかももとの強さにあらず。


続く
posted by ceo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版用原稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。