2009年03月03日

今、何か不安がありますか?

不安があるとお答えの方
続き←をどうぞ

huan.JPG

注)この記事は
クワドラント定義をパーソナル用途
目的・手段・不安・邪魔において
執筆しています。

不安とは
あなたの内面にあるものです。

あなたが感じている何かです。


まず始めに大切なことは

その不安が特定されているのか。
不安の原因がわかっているのか。

それとも

なんとなく不安。
漠然とした不安。
曖昧な不安なのか。

つまり
不安を持っている状態には
2種類あるということを
知ることです。

自分で分かっている不安と
それ以外の
よく分かっていない状態の
不安があるのです。

☆不安の2大分類

・自分で説明できる不安
・よく分からないままの不安

説明できるときは
書き出せますね。
全てを書き出したあとは
箇条書きに
マインドメモの不安クワドラントに
まとめてみるとよいでしょう。

では、分からない不安はどうでしょうか。

まず、なんとなく不安というのは
気付くか、気付かない程度の頻度で
又は
ささないけれども気付かずに無用意に
毎日接している何かに、原因があります。

自分の内面に元からはない
なんらかの
外部要因が必ず影響しています。

あなたの心理に知らぬまに
又は
巧妙に影響を与えている
いわゆる邪魔クワドラントにある
何かを特定しなければなりません。

huan・jyama影響.JPG


たとえ小さくても
たとえ時たまでも
必ず、その原因や
環境(情報や人間)があります。

不安の状態は
まず原因を探る
原因を知ることが大事なのです。

次に
特定された不安において考えてみましょう。

☆不安と現実の区別も必要です。

・現実と不安の違い

例えば、けがや病気で働けない
これは事実で、あとは受け入れるか
受け入れないかの問題で
不安ではありません。

けがや病気で、たとえ今は働けるけど
クビになって働けなくなるかもしれない。
これは今おきている事実にもとづく
まだ起きていない不安です。
起こる可能性が高い不安と言えます。

不安が分かったら
しっかりと現実との区分けをすること。

そして、その
☆レベルを把握するのです。

飛んでいる空中において
墜落してしまうのではないかという
このように不安が可能性の低い、又は
考えても仕方のない
杞憂(由来はリンク先に)なのか。

sora.jpg

可能性の高い絶望に近いものなのか。
イチかバチか。
半々フィフティーフィフティーのものなのか。
分かる範囲で確率やレベルを知ることです。

また最初から分かっていること。
頭で分かってはいても
受け入れに時間がかかることかも知っておきましょう。

例えば
派遣の更新は、切られることもある条件的なもの。
それが正社員との違いで最初から必然的なこと。
(正社員でもレイオフはありますが)

人間は年を取り、やがて死ぬこと。
人生には期限があること。
加齢による衰えや死別は誰も避けられぬ必然なこと。

このように不安のレベルと
必然に伴う不安を
自分で判断できるようにしておくことが大切なのです。

つまり不安は
極端に大きく分けても
以下の3種類のレベルに分けられるのです。

・実現可能性の低い不安 杞憂に近い
・実現可能性の高い不安 絶望に近い
・条件や期限に伴う不安 必然なこと


こうしてみると
不安が現実に対して
半々くらいのものなら
そこまで思い詰める必要があるのか
考えなおしてみるのもいいですね。


いかがでしょうか?

では
不安自体に関して重要な
3ポイントをまとめますね。

☆不安の2大分類(原因特定の必要性)
☆現実か、不安か(現実との区分け)
☆不安のレベル(確率と必然性の判定)

不安について
整理できたよーという方がいらっしゃいましたら
クリックにて応援のほど
お願いいたします。


人気ブログランキングへ


次回は目的と不安に関しての関係です。
お楽しみに!


行動を解決せよ!
     マインドアクト

posted by ceo at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。