2009年03月12日

惰性と慣性と勇気の法則

前回までは

目の前の小さな仕事こそ
・行動に集中できる環境を作り出せ

今そこにある場所から
・行動に集中する習慣を繰り返せ

といい行為自体への邪魔を
物、人からチェックしました。

今、あなたが
どんなステージにいようと
ビッグなステージにいようと
同じように取り組めといいました。

つまり
今できる
目の前の
その行動にフォーカス(集中)しろといいました。

次に
その行動へのモチベーション(やる気)
その行動でのメンタル(弱気)

この内面部分に影響を与える人、情報、物などの環境。
これらの重大性を指摘しました。

行動にいたるまでの間に
内面に取り込まれるものが全てといいました。
もしも
行動において自分の望む結果になっていない。
または、そこへのプロセスになっていると
思えない場合は
邪魔とは思って い・な・かっ・た ものを
あくまで自分の本当に望む状態には
邪魔と判断する勇気が必要です。

もしかして、自分で気付かぬ内に、
疑問を持たずに受け入れてるけど
結局は、
「お邪魔されちゃってるのかな?」
「邪魔を受け入れちゃってるのかな?」と
疑う必要があるのです。

簡単に排除できない場合が多いと思います。
また巧妙にアメと鞭でコントロールされて
離脱に時間がかかる場合もあるでしょう。

刷り込み 
餌付け
洗脳

だから苦しんでいるのだと思います。
だから成功本や金儲け本が
これだけ、あふれているのに
それを読んだ数百万人の読者達が全て成功者だらけに
なっているとは思えない状況のままなのです。

あくまで貴方にとっての
”お邪魔”な存在に気付き
そこから離れることに罪悪感を感じ
そのままにして
なんとか解決しようとしているから苦しむのです。

もし
いままで、どうも続かない、行動がくじかれる。
のなら

そ・れ・は
あきらかに、近くにいる人間に問題があるか
自分が受け入れている情報や環境に問題があるのです。

自分の生活手段となる仕事(職場)は
簡単に変えられないのが現実でしょう。

自分が住んでいる環境(不動産)も
簡単に変えられないのが現実でしょう。

逃れるには相当なエネルギーや葛藤が発生する
外の人からは見えない複雑な人間関係があるのも事実です。

明日、引っ越しに申し込める。
今日、辞表や離婚届を出せる。

そんな簡単に出来ない何かが
人それぞれあるのです。

でも、あなたは原因に目処をつけた。

なぜ内面への邪魔が非常に問題かというと
普段、何もしていない状態や
お邪魔と思われる対象から離れている間でさえも
何らかに取り組んでいる状態でも
内面につきまとって
ウツ・苛立ち・怒り・焦り・葛藤・恐怖と
行動に影響を与え続けるからです。

だから逃れたほうがいい。

もう一度いいます。

逃げろ。(あなたを生きろ)



不安なく、目的が揺るぎなく
エネルギーの源である
あなたの大切な心をとらえ
行動に集中し、あなたが充実した
本当の人生を手に入れるために、、、

逃げたほうがいい。


すぐに逃げれないなら
すぐに準備を始めなさい。

それが
惰性と慣性と勇気の法則


惰性に気付き、惰性をやめる。惰性を捨てる。

新しい慣性に乗る。
そのための人間、情報、場所を選び
きっかけにする。


まず
どんな打ちひしがれた環境にいようと
どんな苦しい状態でいようと

何か一つ、これと決めて行動を開始することです。
それを継続してみることです。

何もしないで、ひたすら考えて答えを出そうとするより
単に受け身となって、活字から情報を得ようとするより

毎日継続し、即座に行動し、反応を見ながら、続ける。

続けながら、自ら行動しながら
そして、頭を使うように順番を変えるのです。
今までと違う、別方向の慣性に乗せてみるのです。

今いる地点はアレコレ
目指す方向はアレコレ

アレコレ
考えるより
まず動き出せば
自分がスタートした地点が客観的に分かるでしょ?

動きだし、それを継続すれば
自分のペースが分かってくるでしょ?

そしたら目標地点への距離や遠さが
やっと実感できるようになり
どうしたら最短でいけるか
より具体的に方法を手段を考え出せるようになります。



ロケットは最初に爆発的なエネルギーを使用し発射されます。

それが軌道にのって楽な状態で回り始めるかもしれない。
慣性に乗るかもしれない。

でも
それが実際のところは落ちてしまうかもしれない。

だからといって
発射するのをやめますか?

最初から軌道に乗ったロケットはあるのでしょうか?
たゆまない試行と検証の繰り返しの末に
成功した製品が出来たのではないでしょうか?

NASAに世界中の叡智とエリートが集まり、
莫大な予算を使っても
落ちるときは、落ちます。

99.99999というかつての安全神話のために
あらゆるリスクを想定し検証を繰り返しテストをした上でも
人間という存在のかかわる中で事故や失敗が起きるのです。

だから失敗がどうこう考えるより
行動の習慣、行動のパターンのフォーマットを作っているんだと
思うくらいでガンガン試しに行動してみればいいのです。
やれる事を全部やってみればいい。

迷う暇ももったいないというくらいまで
全部試してみて、試すなかで次の考えやヒントが生まれると
それくらいに思って
今、目の前の事に全力で打ち込み、集中するのです。

エネルギー(モチベーション、目的)のある限り
まずは続けてみて、それが習慣という慣性に乗る感覚を
つかんでしまうのです。
そして、何もしないで反応や自分の感触がわからないまま
考え続けるよりも
自分の動きや相手の反応が分かりながら
考えるのが、どれほどの違いがあるかを
体感、理解してしまうのです。

邪魔の存在に気付いた。
すぐには離脱できない経緯がある。

すぐには無理でも
今、このブログに出会い、気付いて
今、即座に取り組み始め
今、目の前の行動に
集中し継続する。

その力を信じ
離脱、飛躍の準備と位置づけ
結果を見て
反応を見て
調整を試み
そして
継続する。

その中でチャンスがあれば捕まえる。
もしくは自ら作り出す。

それが全てです。

あなたの離陸のため。

ステージを変えるため。

そして
成功するため。


・慣性 
始めてしまう。続けてしまう。当たり前にしてしまう。

・惰性 
今を変える。今をやめる。今を卒業する。

それは、たった一つの気持ちから。

気付く勇気。認める勇気。
始める勇気。やめる勇気。

・勇気


人生は、形として見えるような
学校の卒業式だけではなく
あなたが変わりたいと思った、その日
今日から準備が始まる、、、
あなたのための卒業式が、幾つもあります。

たった一人の卒業式でも、はじめよう。
気付かせてくれた場所が、そこにあったから。

マインドアクト

posted by ceo at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。