2009年03月19日

君よ 手段をとれ

よく
ただ行動しろ!とか
行動なくして変化なしとか

ポジティブ系
エネルギー系
のモチベーションをあげる言葉があります。

koudou.JPG


でも充分にあなたは行動してるし
凄く頑張っていると思うのです。


あなたは充分に頑張り過ぎるくらいに
頑張っているし
行動しています。

また行動すべきこと
やるべきことが
あまりにも、多すぎな状態だと思います。


そして、疲れている。
そう、、、
疲れすぎているのです。


なので今回は
あなたに
別の視点をプレゼントしたいと思います。

注)この記事は
クワドラント定義をパーソナル用途
目的・手段・不安・邪魔において
執筆しています。

まず
その取った行動を
ためした行動を
すべて手段として見直すのです。

syudan.JPG

わたしは
これをした。
あれをした。
色々やってみた。


行動自体に感情を持つから
うまくいかなかった場合に
失敗したと自らを責める心の重荷になるのです。



あなたは悪くありません。

手段が悪かっただけなんです。
(グッドウィルハンティングでは環境)

ある行動を取ったということは
ある手段を選んだに過ぎない。

手段が悪かったのだと、一歩つきはなして見れます。

その手段を選んだのは
自分という考え方もあるのですが
ここでは、置いときましょう。

なぜなら、行動とすると
この「選択」と「手段」が一体化されたものとして
冷静になれないんですね。

だから手段だけを見て
切り離すのです。

そうすれば客観的に評価・検証できます。


自分が取った行動でなく
取った手段が悪かったと。

  行動を取れ
  行動しろ
  行動するぞ

どうも行動には感情的な意味が入ってしまいます。
だから
手段を取るとしてください。


あなたが目的地へたどりつく手段

syudan1.jpg

マインドメモ
見守らせて貰えませんか?


行動を解決せよ。
マインドアクト
ラベル:YouTube
posted by ceo at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。