2009年04月24日

様式論 プロローグ その3 #03

様式論0424c.JPG

イントロダクションイメージ
最初から読む

本書の構成としては、次のようになっています。
1章では日本3様式を新たな視点で独自に定義します。
2章では、それをなぜ使うのか。
どのように使うのかを説明し、
これによって
3様式の違いをさらに明確に浮き出させて学びます。
3章4章5章では3様式を一文字一文字の要素に順番に分離し、
様式ごとの説明とは別の視点から説明します。
これによって
3様式の使用に関してより深い理解を身につけます。

 この日本3様式による分類と理解によって
必ずや今までとは異なる冷静さと信念を持って
物事に当たれるようになります。
この日本3様式というものは、
成功を保証するためのものではありません。
しかし全体を見据える感覚が高まり、
今までにない集中力と信念を身につけることができます。
失敗に対して冷静になれる自分ができます。
是非、自分の殻を破ったり
乗り越える壁を破るための思想の型として
最大限活用し役立ててください。

  2009年 マインドアクト代表 クロダ・TARO

→1章へ続く

執筆の励みにクリックお願いします。

人気ブログランキングへ


限りない、あなたの成長とともに。
            マインドアクト
posted by ceo at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版用原稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。