2009年04月10日

使えなきゃ身に付かない!

現在
世界一やさしい方法論の授業シリーズとして
「演繹法」「帰納法」「弁証法」を
可能な限り分かりやすくまとめています。

それは思い出して使えるようにするためです。

そこで、どのように使うか
この方法論の具体的な使われ方を
今回は実例として述べてみます。



仮説力
35件

ロジカルシンキング
82件

シンキング
149件

論理力
131件

発想力
196件

ロジカル
185件

仮説
478件

思考力
612件

発想
2,762

論理
3,165件

思考
3,757件

アイデア
4,127件

これは何かというと
上記の用語が使われて
アマゾンに登録されていて
出版されたであろう本の数です。

単純にアマゾンのサイト
カテゴリーを和書にして
上記キーワードを検索した結果の件数です。


これは演繹法で導き出しました。

これ以外の結果は現時点では出てきません。
もし、あなたが同じ用語で検索すれば
新しく出版された書籍が加わらない限り
この数字は変わらないのです。

これが演繹法による導き方の例です。


次に帰納法です。



650万部突破
「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!

これは帯(おび)でパッと目に付いたコピーです。

本屋で見た650万部という数字に驚いた
私の一つの経験です。

「数学的思考力」とは何かといえば
それこそ、まさに演繹法のことなんですね。

その他
一時期、本屋を見ていて
ビジネス書で
仮説力とか仮説思考という言葉が
はやっているなぁと
キーワードとして印象に残っていました。

また
世界一やさしい
「問題解決の授業」って本が売れてるらしいけど
何の本だ?と手にしてみたら
ロジカルシンキングの本な訳です。

論理 仮説 思考 発想
ロジカルシンキング、、、等々

何がいいたいかというと
これらの全ての基礎や大元は
「演繹法」「帰納法」「弁証法」
これらな訳です。

ただ、この言葉を使うと
分かりにくいのが正直なところでしょう。
どうしても
学術的に専門的になりすぎて
分かりにくくなってしまう。

だから論理力・仮説力・発想力
思考力・解決力というように
何とかシンキングとかフレームワークとか
イメージしやすく
わかりやすい言葉に置き換えているのです。


時たまいく本屋において
経験した私の個人的な感想。

わずか3つ4つでも
自分の個人的な経験やデータからでも
何かを導き出すならば
それは帰納法です。

そこで私は仮説を導き出す訳です。


わかりやすい説明を求めて
数多くの本が出版され
そして特にわかりやすいと
一部はベストセラーになっている。

という事は
これらの、そもそもの大元でありネタ元である
根本の方法論をセットでひとまとめにして
限りなくわかりやすく解説し
しかも
いつでも使える段階にまで落とし込めば
大ベストセラーになるのではないか?

その仮説に基づいて
出版のラフな原稿と成り得る記事を
このブログに書き連ねているという訳なんです。

ブランディングとしては
分かりやすいだけではありません。
本当に
いつでも使えるようにまでしている。
(思い出せるようにしている)

そこがマインドアクト式の最大の特徴であり
個性であり、売りなのです。


今回は「演繹法」と「帰納法」のあてはめや
実際の使われ方として
私の場合での具体例を書いてみました。

是非、読者の方々も
今、取り組んでいることを振り返ってみて
あてはめてみたり
又、意識して実際に使ってみてください。

その効果や威力に驚くはずです。

マインドアクト式
今まで難しくて使えなかった方法論

もし試してみて
よかったら感想のメールください。

「弁証法」の私の具体例は
また別の機会にしますね。


限りない、あなたの成長とともに。
            マインドアクト

posted by ceo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

分析力・思考力・発想力が飛躍的に身に付く方法!

分析力・思考力・発想力を
飛躍的に身に付ける方法とは?

それはマインドアクトが
この成功兄さんブログを通して
独自にまとめあげている
世界の3大方法論・日本の3大様式論を
マスターし使うことで可能となります。

「演繹法」「帰納法」「弁証法」

「序破急」「守破離」「意破修」 


思考道具(シンキング・ツール)として使えるには
知っている(ノウ)というだけでなく
どのようなものか(ハウ)
理解しておかなければなりません。

理解するには最小限の(ミニマム)
単純さ(シンプル)が求められます。

また
最小限でシンプルだと
記憶しやすく
思い出しやすく
いつでも脳から呼び出して使えます。

知っているだけで
使えていないビジネス思考の方法を
新しく、次から次へ求めてしまうくらいなら
基本を理解して
使いこなしている方が
よっぽど良いわけです。

そして
その基本が

「演繹法」「帰納法」「弁証法」

「序破急」「守破離」「意破修」 

という訳なんです。

使い方の実例は次回に!
posted by ceo at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

世界一やさしい方法論の授業3(トライアングル利用編)

前回までに、三角形は
方向・方角の意味を表していると述べました。

そこから
方向の先にあるものが方法論の導き出したいこと。
方向の元にあるものが方法論の材料ということ。
ということで

「演繹法」での「確実」と「帰結」
「帰納法」での「経験」と「仮説」
「弁証法」での「合」と「反」と「新」

をそれぞれの三角形の記号の中で次のように位置づけました。

ttt3.jpg

今回は
トライアングル編の最終回として
なぜ三角形なのか?

なぜ、それぞれの方法論が
この向きで用いられるか?

それを
お伝えするなかで
さらに理解を深めて貰いたいと思います。

3t.JPG

この三つの三角形の理由
その結論からいいます。

わかりやすいから
そして
記憶しやすいから
この二つです。

記憶しやすいイメージとして
思い出しやすい具体例として
3つの物を紹介します。

記号の魔術師ことマインドアクト代表の私が
これらの方法論を思い浮かばせ
理解させることとなった物とは何か?

今日のブログセミナーは (続きを読む)
posted by ceo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

弁証法とは? マインドアクト式 世界最強の理解術

弁証法が完成するまでの歴史的経緯

17・18世紀 近世哲学 

人間と世界との関連を捉える方法論として発達した
近世哲学は

イギリスのフランシス・デカルトによる「経験法」
フランスのルネ・デカルトによる「演繹法」によって
大成、確立された。

近代科学の思考的土台となり
自然科学の発展を促した。


18・19世紀 近代哲学

イギリスやフランスにおいて発達した啓蒙思想哲学だが
経験法と合理性の極致とされた演繹法とをすりあわせる中で
ドイツにおいて特色ある発展がみられた。

その中で
ドイツのゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルが
「弁証法」として完成させた。


ここまでがマインドアクトがまとめた
弁証法が完成するまでの歴史的経緯です。
ひとつの編集著作物です。

最小にして最大を捉えられるポイントとしてまとめました。

「経験法」「演繹法」「弁証法」という
最低限これだけ押さえておけばいいという
キーワードを中心に要点を極限までまとめあげました。

これがマインドアクト式の一つです。

何が大局の中心だったのか
何を理解し、押さえるべきか
それを中心に据え
他の事はバッサリと思い切って捨て
流れをシンプルにまとめます。

実は、もう少し詳しくとか
すこし複雑に込み入って説明しようとすれば
最低でも以下のキーワードを使って解説がなされます。
(順不同)

合理論哲学 社会契約説 自然法
二元論 汎神論 観念論 批判哲学 唯物論 実証主義
プラグマティズム

トマス・ホッブス
バークレイ ヒューム
ライプニッツ カント グロティウス

さらには彼らの著書まで引き出して
原書講読の中、理解をたどることもできます。


マインドアクト式のもう一つは
新しいキーワード作りです。

弁証法そのものを解説するにあたり
今までの一番シンプルで
必要最低限のキーワードは

正・反・合、止揚
四つありました。

横文字にすると
テーゼ・アンチテーゼ・ジンテーゼ アウフヘーベン
の4つです。

マインドアクト式は
最小限で最大限の理解を目指しています。

理解を重要視します。

理解して使えないと
そもそも応用ができないからです。


そのためなら新しい用語を作り
今までの使い方を転用させたりします。

なぜなら
キーワードを少なくして
理解がされるほうが重要だからです。


だから
弁証法に含まれる意味合いで大切と捉えた
新たな高次へ発展、繰り返す
を表現できるように

合・反・新
という三つにまとめあげられているのです。

だから、もし弁証法を少し学んだ方がいて

アレ?
正・反・合 じゃなかったっけ?

と思う方もいたと思います。

マインドアクト式の理解術が根底にあることにより

正と反によって新しく生み出された「合」が
さらに繰り返し、次の「止揚」への元となる
という意味を含むために
新しい言葉としての「新」を生み
今までの使われ方である「合」を最初に持ってきた

ということをご理解いただければ幸いです。

tt3.JPG

まとめ
☆マインドアクト式 理解術のコツ

最小限のキーワードに絞り
他は思い切って捨てる。

キーワード数を絞るために
新しいキーワードを作る。

今までの使われ方とは
異なる使い方に転用する。



今回はマインドアクトに流れる
フィロソフィー(哲学)を紹介しました。

次回から引き続き手段編の
世界一やさしい方法論の授業3
(トライアングル利用編)
をお楽しみください。


ありがとうございます。

人気ブログランキングへ




限りない、あなたの成長とともに。
            マインドアクト



posted by ceo at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

藤原紀香離婚よりも、すごく不思議な事

5億円の披露宴までして
祝ってもらって
2年で離婚って
一般人なら、どうなんだろうという話ですが
芸能人の方同士ですから、話題になっているほうが
結婚生活の維持よりも、いいのかもしれませんね。

というわけで、自分にとっての不思議なんですが。

構成をしっかりと考え
内容のある長めの投稿をするとアクセス数が落ちます。

時間をかけてない
短いコピーのほうが
ブログへのアクセス数が多いのです。


これは
本当に私にとっては不思議なことなんです。


要するに
長くて理屈っぽい文章は
読むのが面倒ということなのでしょうか。

でも
経営書とか、戦略書とか
ベストセラーである「金持ち父さん」とか
最近だと「夢をかなえるゾウ」とか
分厚いですよね。

セールスレターも長いのがほとんどだし
ちまたの情報商材でも
やたら分量をアピールするものが多いと思うのですが。

まだ自分で分析しきれてないのか
不思議な気持ちがします。


ということで
お知らせなです。

まぐまぐでのメルマガ発行承認がおりました。
ご登録よろしくお願いします。

なるべく
短く、役に立ち、タメになり
インスパイヤーされる前半部分。

そして
いま、このブログで書いているような
長い、独り言や日常のことなどは
編集後記のように後半部分。

しっかりと分けて
オールラウンド対応
集約させるような構成にします。

つまり
短い部分と、長めの個人的感情日記を
前半と後半で明確に分けます。

これで
短い記事が好きな方にも
長めの個人的な日記にも
対応できるマインドアクト代表のメルマガとして
対応、位置付けができると思っています。


ブログは
どうしても長めの伝えたいことが中心になってしまいます。
これでも短く密度こく集約しようとしています。

でも短い記事に編集・構成するのは
凄い時間がかかる作業なんです。

今、書いているような
つらつらと流れるままに書ける方が
時間もストレスもかからないんですよね。


ところで
行動を解決せよ! SYU・DA・N編は
伸びに伸びて
来週以降も続きます。
3週間でも収まるか分からない状況です。

手段編の中で展開している
世界一やさしい方法論の授業シリーズが長引いてます。


現在位置を見失わないため
これまでの全体像を軽く紹介します。

マインドアクト企画開発 マインドメモ 
行動を解決せよ!キャンペーン powered by Animoto

クワドラント定義 パーソナルver

MSHJ.JPG

MO・KU・TE・KI 目的
HU・A・N 不安
JA・MA 邪魔
SYU・DA・N 手段

上記タイトルの
プロモ&ビジュアライゼーションの
まとめ映像集はこちら

まとめ執筆記事は

目的編まとめ
不安編まとめ
邪魔編まとめ

手段編 現在進行中 3週目に突入

ということです。

ここまで長い文章におつきあいいただきまして
まことにありがとうございます。

来週からの
世界一やさしい方法論の授業 (トライアングル利用編)
続き

およびに

楽しみにしてください。


行動を解決せよ。
マインドアクト
posted by ceo at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

世界一やさしい方法論の授業 (トライアングル利用編)

トライアングル

三角形を英語で表すとこういいます。

そして
この三角形も記号です。

t1.jpg

前回、アルファベットを用いて
マインドアクトが編み出した
記号式とオリジナル具体例で
世界一わかりやすい方法論(アルファベット編)
解説を行いました。

「帰納法」 AA'A'' => C?
「演繹法」 A => C!C!C!
「弁証法」 (A→!←B) => C

今回は
この三つの方法論を

さらに
たった一つの記号である
三角形を用いて解説します。

「帰納法」 △
「演繹法」 ▽
「弁証法」 |> (注1)

(注1、単一変換がなく組み合わせのため閉じていません)

t2.JPG

説明の便宜上、以下
「演繹法」「帰納法」「弁証法」の順番で解説します。

まず
三角形とはなんでしょうか?

数学的な意味ではなく
原始的に使われ始めた意味でとらえると
それは矢印であり、方向の意味をあらわします。

マインドメモ参考(外部リンク)

例えば、ピラミッド。
この形は
天国(上空)を指し示す方向であり
天国への階段を象徴していると言われています。

天国への階段(BGM)


エジプト写真スライドショー


これをマインドアクト流に方法論の解説で使うと

「演繹法」 ▽ は下を指す。
「帰納法」 △ は上を指す。
「弁証法」 |> は右を指す。

という事になります。

指す方向にあるのは
重要なもの。
導き出すもの。

つまり以下の図が
今回の方向の意味するところとなります。
(押さえるべきキーワードは前回と同じ)

t3.JPG

長くなりましたので次回に続きます。


人気ブログランキングへ

↑クリックありがとうございます。
posted by ceo at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

世界一やさしい方法論の授業 (アルファベット利用編)

難しい言葉は
文章だけで説明しようとすると
どうしても小難しくなってしまいます。

そこで今回は、マインドアクトが
記号の一つといえるアルファベットを利用して 
最大限、わかりやすい解説を試みます。


中世から近代への橋渡しとなり
自然科学発展をうながす思考土台となった
「帰納法」「演繹法」「弁証法」という
方法論、形式論は覚えにくく、忘れがちです。

学者や専門家でなく
ビジネスマンとしてなら
これさえ押さえておけば充分というものを
まとめて復習また習得しておきましょう。


世界 古代中世

「三段論法」 A → a => C
「起承転結」 A → A' → B → C

世界 近代

「帰納法」 AA'A'' => C?
「演繹法」 A => C!C!C!
「弁証法」 (A→!←B) => C

日本 中近現代

「序破急」 AA'A''A'''A''''A''''' → B → C
「守破離」 AAAAA → ABABA → CCCCC
「意破修」 A → BBBBBBBB → CCCCCCCC

マインドアクト流
今まで分かりにくかった方法論が
恐ろしいくらいに一発で理解できる記号+具体例とは? 

続きを読む
posted by ceo at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。